筆跡診断ではへんとつくりの間隔で性格がズバリ当たる

へんとつくり
https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

筆跡診断でへんとつくりの間隔の広さで性格診断することはできますか?

https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

了解!へんとつくりの間隔の広さによる筆跡診断の解釈を説明します。

筆跡診断ではへんとつくりの間隔の広さを診ます。
この間隔のことを開空間といいます。
間隔が広い場合は開空間広型、間隔が狭い場合は開空間狭型といいます。
それぞれの意味を説明します。

開空間狭型の意味

へんとつくりの間隔の狭い開空間狭型は
職人気質、プロフェッショナルな考え方を持っている人に
診られる筆跡です。
職業では自分なりの世界をもち、余計なことに惑わされない
専門職や研究者に向いています。
そのためあまりお金に関心がないかもしれません。
有名人では羽生結弦さんがこの筆跡です。

羽生結弦さんの筆跡

開空間広型の意味

へんとつくりの間隔の広い開空間広型は
良いもの、悪いものの両方を受け入れる器がある人です。
人望を求められる経営者に多く見られる筆跡です。
有名人では石田ゆり子さんがこの筆跡です。

石田ゆり子さんの筆跡

まとめ

へんとつくりの間隔は広いほうが良い、狭いのは悪いなど
良し悪しを決めつけることができない筆跡です。
適材適所の筆跡です。
ご自身が望む方の筆跡で書くことをおすすめします。

筆跡診断士に興味がある方へ

関連記事