筆跡診断で「払い」の意味を説明します

筆跡診断の払い
https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

筆跡診断で漢字で右払い、左払いの長さで性格診断することはできますか?

https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

もちろん!右はらいと左はらいそれぞれの意味を詳しく説明します。

筆跡診断では左方向の払いが長いのを「左はらい長型」
右方向の払いが長いのを「右はらい長型」といいます。
そこでそれぞれの意味を説明いたします。

左はらい長型の意味

タレント

左ばらいは次の筆(画)につながることが多いです。
そのため左払いが長いほど、次の筆までの距離が無くなり
無駄な労力が発生します。
ですから、このような文字を書く人は労力を使ってでも
埋もれたくない、華やかさを求める、目立ちたいという
気持ちが表れています。
ですから性格は目立ちたがり屋、自己顕示欲が強い人と
診ることができます。
職業では芸能人、タレントに多く見られる筆跡です。

右はらい長型の意味

右ばらいはたいてい最終の筆(画)です。
そのため右ばらいが長い場合には、そこで終わらせたくない
という気持ちの表れです。
ですから、この文字を書く人の性格はのめりこみやすい熱中型と
いえるでしょう。
有名人では渡部健さんが右ばらい長型でした。

渡部健さんの筆跡診断

まとめ

筆跡診断では同じ払いであっても右はらいと左はらいでは
違う意味を持ちます。
華やかな職業に就かれている方は左はらい長型の文字
のめり込む性格を治したい方は右はらいを短めに
修正されることをおすすめします。

関連記事