筆跡診断で「ハネ」の強弱で分かる性格を説明します

筆跡診断のハネ
https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

筆跡診断でハネの強弱で性格が分かりますか?

https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

もちろん!では感じの子を例にハネの強弱の意味を説明します

こんにちは。
筆跡診断士のぺんなおじさんです。
今回は文字のハネの強弱で分る性格を
筆跡診断で説明いたします。

ハネの強弱を示す型とその意味

ハネの強弱をを示す筆跡診断の型からその意味を説明いたします。

ハネが強いのをはね強型といいます

文字のハネが強いのをはね強型といいます。
その意味は
これは書くという行動の最後にあるハネを強く書ききる
ところから粘り強い、あきらめが悪い、頑張り屋さん、
という意味があります。

筆跡がはね強型の有名人

私が勝手に筆跡診断をした中ではね強型の有名人はこちらです。

ハネが弱いのをはね弱型といいます

文字のハネが弱いのをはね弱型といいます。
その意味は
これは書くという行動の最後にあるハネを怠る
ところからあきらめが早い、踏ん張りがきかない、次々に物事を変える
という意味があります。

筆跡がはね強型の有名人

私が勝手に筆跡診断をした中ではね弱型の有名人はこちらです。

まとめ

多くの意味には2つの側面があり、良し悪しを決め難いですが
ハネは弱いより強いほうが良いです。
もしご自身の文字のハネが弱い場合は、ハネを強く改善することで
性格は粘り強くなるでしょう。

筆跡診断士に興味がある方へ

関連記事