元TOKIOの山口達也さんは危ない方向に行きやすい性格

山口達也さんの筆跡診断
https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

強制わいせつ事件、飲酒運転で逮捕された元TOKIOのメンバー山口達也さんの筆跡診断お願いします!

https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

了解!山口達也さんの診断開始!

山口達也さんの筆跡の特徴から性格をズバリいい当てます。
文字の線の長さ、払いの強弱や長さ、はねの強弱、文字の並び方など
(筆跡}は潜在、顕在の両方の意識が現れた「書く」という行動の痕跡です。
その痕跡を筆跡診断士のぺんなおじさんが探ります。
それではチェケラー!

気になる性格診断結果

山口達也さんは
いい加減であきらめが早い傾向があります。
また、勝負強い時のなごちからから、引退した今でも危ない方向に行きやすい傾向があります。

筆跡診断の詳細

山口達也さんの筆跡診断

山口達也さんの筆跡診断

診断の根拠となる型の説明

筆跡診断には様々な型があります。
今回は上記画像の筆跡にあてはめました。

はね弱型

ねばり弱く、すぐにあきらめるタイプでしょう。
適当で「まっいっか」で済ます傾向があります。

空間つぶれ型

心身に不調があるか、現在過去において辛さや苦しさの中で生活している可能性があります。

頭部突出控えめ型

自己主張が苦手で、控えめな性格でしょう。

右傾型

上手くいっているときは大変勝負強いので
好んで危ない道を選ぶことがあります。
気づいたときには大事になりかねません。

まとめ

このように筆跡診断の結果からトラブルうの相が出ていました。
右傾型を修正し、はねを強くすることで更生できるかもしれません。

関連記事