浅田真央さんは人の上に立つのが苦手なタイプ

浅田真央
https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

日本を代表するフィギアスケート選手の浅田真央さん。2020年7月3日には週刊誌の女性自身で恋人の存在が発覚したようですが筆跡診断できますか?

https://monicareggiani.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

了解!浅田真央さんの診断開始!

浅田真央さんの直筆の手紙やサイン、謝罪文などから書いたその人の
傾向や特徴をズバリいい当てます。
文字の線の長さ、払いの強弱や長さ、はねの強弱、文字の並び方など
(筆跡}は潜在、顕在の両方の意識が現れた「書く」という行動の痕跡です。
その痕跡を筆跡診断アドバイザー2級のシバちゃんが探ります。
それではチェケラー!

気になる性格診断結果

浅田真央さんは
とても素直で真面目、論理的な行動ができす優等生タイプでしょう。
人の上に立つのが苦手で、言いたいことを飲み込むところがあり
そのため人との衝突は少なく人間関係は良好でしょう。
外向性があり派手な傾向があります。
ややあきらめが早い部分があるかもしれません。

筆跡診断の詳細

浅田真央さんの筆跡診断

浅田真央さんの筆跡診断

診断の根拠となる型の説明

筆跡診断には様々な型があります。
今回は上記画像の筆跡にあてはめました。

起筆すなお型

素直な性格。

接筆閉型

きまじめで他の意見を取り入れないタイプ。

転接角型

規則をきちんと守り、ルールに従順な人。

等間隔型

論理的、理性的に行動できる優等生タイプ。

はね弱型

あきらめが早く、さっぱりした性格。
今回は「やや」と条件が付きます。

散開点型

気取り屋で外向性に富む。
派手なタイプ。

頭部突出控え目型

自己主張せず押しが弱い分、人間関係も穏やかで波風が立つことは少ないでしょう。

まとめ

はねをもう少し強く書くことで、さらにあきらめず粘り強さが身に付くため
もっと良い結果が得られるかもしれません。

関連記事