筆跡診断で漢字の木(きへん)の書き方で分かること

筆跡診断

漢字の「木(きへん)」を筆跡診断することで分かることをまとめました。

漢字の「木(きへん)」の5か所を診て分かること

漢字の「木(きへん)」で診るところは5か所です。
上部の出ているところ(頭部)。
横線の左側。
はらいの付け根部分。
右はらい。
左はらい。の合計5か所です。
それでは漢字の「木」で説明いたします。

上部(頭部)が長く伸びているか、短いかの2タイプ

頭部が出ているか、あまり出ていないかで筆跡診断を行います。

頭部長突出型

頭部長突出型

頭部長突出型

上部(頭部)が長く突き出ている型を「頭部長突出型」といいます。
この型を書く人の性格は物事で頭を押さえつけられるのが苦手な人です。
仕事でいうなら独立志向が高いかもしれません。
有名人の筆跡では元SMAPの香取慎吾さんがこの型です。

香取慎吾さんの筆跡診断

頭部突出控え目型

頭部突出控えめ型

頭部突出控えめ型

逆に上部(頭部)の突出が控えめの型を「頭部突出控えめ型」といいます。
この型を書く人の性格は言いたいこと飲み込む、遠慮がちな性格です。
協調性が富む文字とも言えます。

横線の左側が伸びているタイプ

漢字「木」などの横線のことを筆跡診断では「横線」といいます。
そのまんまですね。
右側が伸びているかどうかは診ずに、左側の伸びだけを診ます。

横線左方長突出型

横線左方長突出型

横線左方長突出型

漢字「木」の横線の左側が長く伸びているのを「横線左方長突出型」といいます。
この型を書く人の性格は頭の回転が速く、才能のほとばしりがある人です。
悪い面が無い型のため、仕事で成功されたい方々はこの型を使用されることをお勧めします
この型を書く有名人は米倉涼子さんです。

米倉涼子さんの筆跡診断

はらいの付け根の位置

普通、木を書く時のはらいの付け根は横線と交わります。
この部分を診ます。

起筆ズレ型

起筆ズレ型

起筆ズレ型

漢字「木」のはらいの始まりが下のずれている型を「起筆ズレ型」といいます。
この字を書く人は個性的で、こだわりがある人といえます。
有名人では元SMAPの木村拓哉さんがこの型です。

木村拓哉さんの筆跡診断

左右の払いの長さで診る

漢字の木で左右の払いの長さで性格を診ます。

左ばらい長型

左ばらい長型

左ばらい長型

漢字の木で左ばらいが長い型を「左ばらい長型」といいます。
この型を書く人の性格は華やかさがあり、自己顕示力の表れです。
タレントに多い型です。
有名人ではマツコ・デラックスさんがこの型です。

マツコ・デラックスさんの筆跡診断

右ばらい長型

右ばらい長型

右ばらい長型

漢字の木で右ばらいが長い型を「右ばらい長型」といいます。
ここを筆を離さず長く伸ばして書き続けるのは、余韻を残し、そこで終わらせたくないという気持ちの表れです。
この型を書く人の性格はのめりこみやすい、熱中型といえます。

まとめ

木など横線が伸びる漢字を書く際には左が長く伸びる字を書くことで、才能が伸びる開運字になります。
物事をはっきりと言いたい人は頭部を長くしましょう。

関連記事