筆跡診断とは?その意味について

筆跡診断とは何か?その意味ついて説明いたします。

筆跡診断とは

筆跡診断とはその筆跡の特徴から型と章法に当てはめ、その人の性格を診断することです。
詳しく説明をするにはまず「筆跡」とは何かを知る必要があります。

筆跡とは

署は人なり

この言葉を聞いたことが無い人は少ないと思います。日常のメモや手紙などで書いた人の人柄や状況などを想像経験はおありではないでしょうか。
筆跡には書いた人の心が現れるということは実感として感じられ、形を変えて様々に言い伝えられてきました。

筆跡は「書く(筆を手で動かす)」という行動の痕跡

思想、性格、心の動きや状態が様々な形の行動として現れます。例えば「行動的な人」であれば趣味や旅行などを楽しむ人。まじめな人であれば言われたことをきちんと守るなど、その人の性格は行動として表面することが多いです。
些細かもしれませんが「書く」という行動もその人の性格が表面化したものだといえます。

逆に筆跡を変えれば性格が変わる

先ほど筆跡とは性格の表れであることを説明しました。逆に筆跡を変えることで性格を変えることができるということです。
例えば、もっと融通のきいた性格になっていろんなことを取り入れたい。
社交的な性格になりたい。積極的に行動することで才能を開花させたい。などなりたい自分を実現させるために筆跡はとても有効だと言われています。私が筆跡診断を勉強するに至った魅力のひとつです。

筆跡診断と占いの違い

占い
筆跡診断と占いの違いは何か?先ほど「筆跡を変えれば性格が変わる」と説明しましたが、ここが一番の違いだと思います。
例えば占いで使用する「生年月日」や「手相」を変えることはできないですよね?
筆跡診断とは「診断」に留まらず、具体的な性格改善の行動ができます。

筆跡診断にふたつの要素

筆跡診断をするにあたり2つの要素から診断をします。
「型」と「章法」のふたつです。

筆跡診断の「型」とは

漢字
筆跡診断の型とは、一文字の形の特徴から性格診断をするものです。
例えば、「口」という漢字の左上の縦線と横線の交わり部分に空き空間があるか(接筆開型)、無い(交わっている)か(接筆閉型)を診ます。
この場合は学校教育の中で間島るように教えられますが、そのとおりに交わってて書けば(接筆閉型)きめじめな性格。逆に開けて各場合(接筆開型)は融通がきく性格と診ます。
筆跡診断ではこのような「型」が全部で50種類あります。
※日本筆跡診断協会より

筆跡診断の「章法」とは

章法
複数文字(文章)の文字配置の場所や余白、改行具合などから性格診断を行います。
例えばハガキに縦書きで住所を書く際に郵便番号欄に近い位置(上部)から住所を書きだすのを「天ツマリ型」といいます。
逆に郵便番号欄から大きく開けて住所を書きだすのを「天アキ型」といいます。
これは積極性を診ます。天ツマリ型=積極的。天アキ型=用心深い。と診ます。
このような章法は全部で22種類あります。

筆跡診断士とは

筆跡診断士とは筆跡診断をするにあたり「プロとして認められた(資格取得)」人のことです。
資格を取得するためには筆跡アドバイザー初級→中級→上級を経てようやく筆跡診断士となります。
筆跡診断士の資格を取得する期間はだいたい2か月~3か月くらいと言われています。

筆跡診断の歴史

「筆跡診断」の言葉はいつ、どこが最初に使われた言葉かはいまだ不明ですが、世界では以下のような歴史があります。

中国

漢代(紀元前200年~西暦200年)に「法書(書の手本)」に「書、心画也」とあります。

ヨーロッパ

西暦120年ローマの歴史家スエトーニウス・トランクウィルスといわれているが、彼は筆跡そのものの観察のみで筆跡と人格の関係についての研究はカミロ・バルディ(ボロニア大学の教授)が最初で1622年に出版した著書の中で『すべての人は独自の書き方をしていて、繰り返し現れる特徴は注意する必要がある』と述べています。筆跡と性格や人間性の関係について研究を始めた、いわば筆跡学の創始者と言われています。その後、ジャン・イボリート・ミッション神父がグラフォロジーの命名者、筆跡研究を学問として確立した人と言われています。

日本

貝原益軒(1630年~1710円。江戸前期の儒学者・教育家・本草学者)は「和俗童子訓」の中で「古人、書は心画なりといへり、心画とは、心中にある事を、外に出す絵なり。故に手蹟の邪正あらはる。筆蹟にて心の内も見ゆれば、慎みて正しくすべし。」と記しています。

毎月3名様限定!無料の筆跡診断依頼を受付中

私が筆跡アドバイザーである期間に限り、無料で診断いたします。

詳しい内容はコチラ